素行調査の内容

素行調査と一口に言っても依頼の内容というのは全く違います。素行調査の分野は非常に幅が広いので、依頼に合った調査を行う必要があるのですが、素行調査の基本とされているのが下見・準備・対応の3つです。

まずは下見ですが、対象人物や対象の物件を事前にしっかりと調べておくことです。素行調査の対象が人物の場合はその人物の名前、年齢、住所、交友関係、勤務先などを調べます。対象が物件の場合は物件の地域の環境、近くの道路状況、最寄駅、駅までの時間など様々なことを詳しく調べます。

準備は事前におこなった下見をもとにして調査人数や調査に必要となる乗り物、地図、調査の時に必要となる飲食などを準備することです。素行調査をスムーズに行えるように万全な準備をするのです。

対応というのは調査中に起こってしまったハプニングにどのように対応するか考えておくことです。素行調査の下見・準備をいくら入念に行っていても調査相手が思わぬ行動をすることもありますし、いつどのようなことが起こるか分かりません。そのような場合でも冷静に判断できるようにしておく必要があるのです。どんなことが起こっても焦らずに冷静に対応することが大切なのです。

以上の3点が素行調査の基本となります。この3点がしっかりしていないと素行調査はなかなか成功しません。基本をしっかりとおさえておくことが素行調査を成功させる大きなポイントになるのです。